2014年11月12日水曜日

男性の更年期障害の特徴と対策

最近何となく元気がでない、どうも「記憶力が衰えてきたようだ、視力が低下してきた、全身がだるくてやる気がおこらない。 このような症状は、中高年の男性の多くが感じることかもしれません。滋養強壮剤やビタミン剤で対処しているけど、なかなか効果が…ということも多いのではないでしょうか。もしかしたら、その原因は「男性更年期障害」なのかもしれませんよ。 更年期障害といえば女性特有の症状と思われがちですが、実は男性にも更年期障害が起こるのです。 女性の場合は卵胞ホルモン(エストロゲン)の減少によるホルモンバランスの変化が原因となりますが、男性の更年期障害は、男性ホルモン(テストステロン)の減少により引き起こされることが認知されるようになってきました。 その主な症状は「精力減退」「記憶力減退」「視力減退」「全身倦怠」「ほてり」「冷え」「うつ」など多彩です。 こうした症状の改善には、不足した男性ホルモンを継続的に補充してあげることが有効です。例えば、第1類医薬品の「金蛇精」は、男性ホルモンを含有し、更年期障害を改善することができる薬として市販されております。「いつまでも若く元気な男でいるため」に、エイジングケアの第一歩として注目してみてはいかがでしょうか。
精力剤Going

0 件のコメント:

コメントを投稿