2018年6月18日月曜日

プラセンタの抽出方法

「酵素分解法」は、胎盤臓器に特殊な酵素を反応させる事によって、生体内で行われている消化反応に類似した行程を人工的に再現して、有効成分だけを高濃度で抽出する方法です。

プラセンタの含有成分の損失を減らし、胎盤そのものと同じ様な有効成分を抽出する事が出来るのが特徴です。

「高圧抽出法」は、胎盤原料に水深1万mに相当する圧力を加える事で、有効成分を絞り出す方法です。

「塩酸加水分解法」は、胎盤臓器に塩酸を加えて、細胞膜や組織を溶かして、有効成分を抽出する方法です。

「亜臨海抽出法」は、温度を374度、圧力を22.1MPaまで高めると、液体と気体の区別がつかない臨界点に達しますが、この手前の状態である亜臨海状態にある水を使用した抽出法です。

「生プラセンタ」は、胎盤臓器を個体と液体に分離して、液体を特殊なろ過フィルターを通過させて、ウィルスや細菌をシャットアウトして作る方法です。加熱処理が必要ないのが特徴です。

このように色んな方法がありますが、商品を選ぶ際のポイントは、「栄養素」だけではなく、「ペプチド」です。「酵素分解法」は「ペプチド」の構造を壊さないのでオススメです。

「母の滴」プラセンタシリーズで【安心・安全】のエイジングケア

0 件のコメント:

コメントを投稿