2017年9月1日金曜日

アロマテラピーの効果

現代人は、多くのストレスに囲まれながら生活しておりますが、そのな中において、植物の持つ自然の力を利用してストレスを和らげるアロマテラピーは大変魅力的な存在です。

アロマテラピーは、アロマ(芳香)とテラピー(療法)を合わせた造語で、芳香療法のことです。

その目的は、植物が持つ香りや有効成分が凝縮された精油を使って、人間の身体に本来備わっている自然治癒力を高め、健康維持、疲労回復、体調不良などの心身の不調を癒すことで、病気になりにくい体質を作ることにあります。

西洋医学は、病気をピンポイントで治療することを目的しはておりますが、アロマテラピーは、それとは、根本的に異なる療法なのです。

アロマテラピーで期待できる効果は、使用するアロマオイル(精油)によって異なります。代表的なのはラベンダーですが、これには鎮静効果があるため、ストレスにより緊張した心身をリラックスさせることができます。

また、ペパーミントは、清涼感のある香りで気分をリフレッシュさせたり鼻をすっきりさせたりしますし、オレンジは、気分を明るく前向きにさせてくれます。

このように、アロマオイル(精油)に含まれる有効成分はそれぞれ異なり、アロマテラピーに用いられる数は300種類以上もあるのです。

このため、まずは、自分のお気に入りの香りを見つけることから始めましょう。

ラブチャームス

0 件のコメント:

コメントを投稿