2016年9月2日金曜日

レーザーが抜け毛に作用するメカニズム

育毛や発毛のための低出力レーザー療法で用いられるレーザー光線は、抜け毛が進行した頭皮に照射すると、頭皮の奥にある抜け毛の原因箇所に大きく働きかけます。

頭皮は汗をかき、また汚れが溜まりやすいため炎症を生じやすくなり、これが、抜け毛の要因にもなります。

しかし、この部位にレーザー光線を照射すると、炎症を治癒して組織を正常な状態に戻す作用が働きます。



また、毛穴の奥で痛んでいる毛母細胞などの組織の自己治癒力を高めるため、髪が生えやすい環境を整えると共に、髪の根本から活力を与えることができるのです。 さらに、レーザー光線とLEDの光は、周囲の血管を拡張させる作用があります。

これは、髪を丈夫に育てる上でたいへん重要なことなのです。血流は、栄養や酸素を運び老廃物を流す役割がありますが、同時に、血管を拡張して血液の量を増やして、発毛を促す上ためには、欠かせない要素となります。

このように育毛器は、レーザー光線とLEDの相乗効果で力強い髪を育てることができるのです。

育毛機なら「ヘアーレーザープレミアム」

0 件のコメント:

コメントを投稿